激安ポスター・パネル・ラミネート加工など、大型POP専門の大判印刷屋

 
大判印刷屋TOP > 上手なデータの作り方

上手なデータの作り方

Illustrator(WIN・MAC/CC2014まで)の注意点

  • バージョンはCC2014以下にして保存してください。
  • カラーモードはCMYKで作成して下さい。
  • フォントは必ずアウトラインをかけてください。
  • 画像は原寸200dpiで作成して下さい。リンクでも埋め込みでもどちらでも可能です。
    ※少ロットチラシ印刷・少ロットハガキ印刷は350dpiで作成して下さい。
  • 必ずトリムマークにてトンボを付けて下さい。
  • オーバープリントにチェックを入れないでください。
  • 保存形式はAI、EPSでお願いします。
特殊効果機能のご使用について Illustratorで特殊効果機能(ぼかし・透明・ドロップシャドウ・グラデーションメッシュ・ブレンド等)を使用した場合やPhotoshop上でバックを一部、透明化(消去)にしているデータ、透明化が生きている画像などを埋め込んでいる場合、正常に印刷されない場合があります。イラストレーターではこの機能は使用しないでください。
特殊効果で加工したい場合はPhotoshopでデータ統合した画像をご使用ください。

使用する場合は、必ず画像の埋め込みと文字のアウトラインを行った後、トリムマーク以外の出力範囲すべてをラスタライズしてください。 ただし、このように設定していただいても、データの作成の仕方によっては、正常に印刷されない場合があります。
※こちらはデータチェック対象外となります。使用される場合は自己責任となりますので予めご了承下さい。
データの作り方

Photoshop(WIN・MAC/CC2014まで)の注意点

  • カラーモードはCMYKで作成して下さい。
  • 用紙サイズは原寸、画像解像度は200dpiで作成して下さい。
  • 塗り足しがある場合は、ラインツールかペンツール1pxで手書きするか、イラストレーターでトンボを作り、データを配置して下さい。
  • 保存形式はPSDでお願いします。
データの作り方

Word・Excel・PowerPoint・Publisher(WIN/office2013まで)の注意点

  • データ制作時のフォントは弊社所有のフォントにてご製作下さい。
  • 大判サイズのポスターの製作は、B4判又はA3判でご製作下さい。
    印刷時に弊社にてご指定のサイズに拡大させて頂きます。
  • 写真を配置する際は、原寸で300dpi目安に画像ソフト等で加工して下さい。
データの作り方
大判印刷屋のフォント一覧

Word・Excel・PowerPoint・Publisher(WIN/office2013まで)の注意点

  • レイアウト崩れが無いかなどの確認のため、仕上がったデータのJPG・GIFの
    印刷確認用データを必ず添付して下さい。
  • データをアップロードする際は、必ずデータに圧縮をかけて下さい。
    以下の圧縮ソフトなどでデータを圧縮して下さい。
  • データを圧縮する時、必ずLZHもしくはZIP形式で圧縮してください。(SITは不可)
  • 拡張子を必ず指定してください。
  • お客様のデータで不備等があった場合は、弊社デザイナーが無料で修正するか、
    有料修正が必要な場合等は、お客様にご連絡させて頂きます。
圧縮ソフト
データの作り方
お問い合わせ